スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

第2子が生まれました!







11月13日

明け方5時37分 生まれました!(*^□^*)

3030グラム男の子!











陣痛に気付いてから2時間半
(うち、病院に着いてから1時間半!)
スピード出産でした!

「陣痛?いやいやまだまだこんなもんじゃないはず…!」と
思っていたら生まれました(笑)

なるみ(上の子)の時の24時間コースは…なんだったのか(;^_^A

なるみの時に過緊張で恐怖と痛さでパニックで叫びまくって
リラックスも何もなかったので

今回は!
呼吸を意識したり

ミンミが出した本に書いてあったけど
陣痛がはじまったらお腹に
「大丈夫」「でておいで」と話しかけたりしました。

以下出産メモφ(.. )


・・・・・・・・・・・・

夜中3時にトイレに起きて
あれ?なんとなく腰が痛いかも?と
間隔はかると10分だったので

3時半に病院と
陣痛タクシー(事前に登録しときました)に連絡をいれて病院へ。

ちなみに実家に帰ってたので
夫は自宅に帰ってしまい

母はなるみを見るというので1人でタクシーでいきました…涙


道中、霧がすごくて不安を煽られる…


まだまだぜんぜん耐えられる痛み。

でも経産婦ということもあって
到着したらそのまま入院になり
内診したらすでに子宮口4センチ!

助産師さんに
「順調にいけば明け方生まれるよー!」と言われ
希望を胸にひたすら息を吐きまくる
(呼吸法って大事だな…と冷静)

しばらく陣痛に耐えながらいきみのがしをして
子宮口が全開になるのを待つ。
その間1人だったけど
お腹の赤ちゃんに話しかけたりして過ごしました。


そのうち助産師さんが戻ってきて

私「え?もう生まれます?」
助「産まれるよー!」

のやりとりを数回繰り返し、
人工破水をしてもらい

割と冷静なまま子宮口全開!

その間お医者さんを起こしてるという声が聞こえたり…

そして
助産師さんが「次の陣痛でいきんでいいよー」とOKサインが出たので


いきみ2回
(一回目で頭が出て二回目で体がでた!)で
5時半くらいに生まれました(;^_^A

なんかもう
展開早すぎて

わーお(☆。☆)って感じ。
そして
赤ちゃんが出てきた瞬間にお医者さんが到着した感じ。


なるみが寝てるので付き添いなくて
夫も自宅に帰ってしまったので1人で乗り切りましたが
助産師さんが的確な指示をくれたし
赤ちゃんもするするおりてきてくれたので

とりあえず安産でよかったです!!

朝方うまれたから朝ご飯からバッチリおいしかった(笑)

でも入院中はホームシックにかかったり
いろいろあったけど
赤ちゃんが出てくる瞬間って最高に感動する!
そして新生児かわいい!!!

これから年子育児がんばるぞ(*´∇`)
スポンサーサイト
2014年11月23日 | Comments(0) | ★出産の記録★

生まれました。












やっと生まれました。
生まれてくれました!
本当にうれしい!

愛海(なるみ)ですo(^-^)o
我が子は本当にかわいいです。
チャウチャウ犬みたいで←

21日に退院します。
退院したらすぐに出生届け出しにいきます!!


髪の毛フサフサで
17日夜誕生しました(´;ω;`)

写真は産まれた瞬間と

昨日沐浴練習したので
病院でかわいい服を着させてもらって寝てる娘ですo(^-^)o

ここの産院は毎日いろんな服を着させてくれます。


今はおっぱいを吸わせる練習などをしています。
(なかなか母乳って出ないもんなんですね…)


ここから某SNSに書き込んだのとちょっと内容かぶりますが
記録として(;^_^A

28の予定日でしたが
前々から17日に産まれる予感がしたので

夫に17日休みを取ってもらってました!
(時々第6感が働きます)

そして21日には退院なんですが
夫は21日22日とお休みなんですよ!
まさに計画通りでした!

18日もお休みもらえました!

ただ計画通りにいかないのはお産でした。

とにかくながーーーいお産でした。

母子手帖みたら
分娩までトータル23時間45分とか書かれてて笑いました(-ω-)

前日の夜からの陣痛
+病院で耐えた12時間を合わせると確かに1日がかりでした(;^_^A

えーっと
本当に死ぬかと思いました。


お産に関しては
6時間くらいわたしの肛門を押し続け
(お尻を押してもらわないといきんでしまい
どうしようもないんです)
ひたすら腰をさすったり
一緒に呼吸逃しをしてくれた夫に感謝です(´;ω;`)


-----↓ここから出産の記録です↓-----


出産、
すごい時間がかかりました(-ω-)
というか、一歩一歩のお産でした。

ついでに
看護学生さんとその先生が見学に入りました…が

お二人には助けられました(´つω;`)
夫と交代しながら
腰をさすったり手を握ってくれました
(´つω;`)

前日お昼におしるしがあり
夜からの陣痛で夫と深夜に病院へ
→子宮口1センチで帰される
(全開は10センチ)

夜中陣痛で寝られない
→歩けなくなり早朝から病院へ(子宮口3センチ

入院になり陣痛室に通され

それから内診のたびに
1センチ1センチづつ開くという長い道のり。。

この間痛さのあまりひたすら絶叫。

昼過ぎ
子宮口6センチになりやっと分娩室へ。

ここの産院は豪華な食事が有名で
お昼も豪華に用意されましたが
(ついでにうなぎ。)

そんなどころじゃない!
何も食べられない(;;-ω-)
夫にたべてもらう。

もう痛くてひたすら絶叫(-ω-)

気を失いかけるけど
夫と看護学生さん達の呼び掛けや
また次の陣痛で蘇生の繰り返し。


夫いわく
「助けて」「痛い」
「帝王切開にしてください」
「お腹切ってください」
をひたすら叫んでたそう(-ω-)

(時間かかっても順調だし
娘も元気なので何かない限り
急に帝王切開にはならないそうです)


夕方やっと9センチ。

破水をしてやっと全開!!
全開になったらやっといきむことができます。

でもすぐに出てこない。

いきみまくること2~3時間くらい(-ω-)
これはきっと痔になる。

最初は人差し指くらいにみえてた娘の頭が
次は親指くらいの大きさ。
次は五百円玉くらいの大きさに。

なんか股に岩が挟まった感覚。
そうこうしてる間お股を切開。

数回いきんで渾身の力を込めて
いきんでいきんでいきんで
いきんだあげく
つい目をつむってしまったけど
夫の「産まれたー!」の言葉と同時に目の前に娘!!!
夜8時47分(すみません7時48分の間違いでした)、

2994グラムの女の子ですo(^-^)o

前日からの陣痛と朝から夜までかかった長ーいお産でした(;^_^A

助産師さんに「持久力あるね!」と誉められました(;^_^A
24時間何も食べてないし寝てないけど
火事場の馬鹿力ってやつですね。女は強いのだ!


産まれた娘は鼻と口は夫と同じ形して
目が愛助(じいちゃん88歳)そっくりですよ(@_@;)
「なるみ」は夫が考えた名前で
漢字はわたしが考えたんですけど

わたし
じいちゃん好きなので「愛」は「愛助」から拝借したんですよo(^-^)o


2013年06月20日 | Comments(0) | ★出産の記録★
 | HOME | 

わたし

カテゴリー

日記

コメント

アーカイブ

おともだちリンク&ブクマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。