スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

少女アクアリウム &諸々感想



武士207





20080318045626s_20111216152522.jpg





途中です。





明日は研修です。。ドキドキする。。


就職決まった時は別に不安とかなかったのに
最近、不安定な気持ちになる。。

やっていけるのかなあ、、。





アクア






最近金魚っぽいのばっかりですが、、

熱帯魚の水槽ってアクアリウム?っていうのかな
違うかも、、あれきれいですよね。癒される。








昨日タイタニックやってた!!
しかもジャックが石田彰でした~^^

過去に妻夫木と竹内結子が吹き替えしてたのみたことあるけど
デカプリオが妻夫木に脳内変換されるかおすwww


初見は小学生でしたが
今も昔も一番最後のローズの夢?で
ジャックとローズがみんなに祝福されてるシーン、号泣です


タイタニックごっこは
結構な確率でみんなやってると思うんだ。


スポンサーサイト
2008年03月30日 | Comments(2) | *アナログ絵 2

☆卒業しました☆



3月25日。晴れ。
無事四年間通っていた大学を


卒業しました。




卒業式なので
人生初の

IMG_2170.jpg


付け爪

やりました~うへへ
手だけギャル。あとはオタクハイカラさん☆(プ


やあ、、この爪では
まったく、、何もできなかった。
トイレさえ大変だった!!

つけ爪慣れてる人ってどういう生活してるんだ~

わたしは1ミリでも爪がのびると
切らずにはいられない人間なので余計無理でしたww。






。。。

4年間。あっという間でした。
この生活がずっと続くもんだと錯覚してしまいます。
卒業の実感もないまま卒業しました。

でも
生徒手帳を没収されたとき
「ああ、学生じゃなくなるんだ
小学生の時から学生だったのに。。」と寂しくなりました。

思い返すと
いろんなものが詰まってて、本当に、、本当に
次から次へと思い出が出てくるんです。
密度の濃い4年間だったんだ、、
と思うのです。


4年間、振り返った時涙が出ました。


(以下振り返り。。)





そもそも

美大を目指す動機は
将来何になりたいとかじゃなくて

書道に行くか、美術に行くかで悩んだんだけど
とりあえず

「絵が描きたい」


という理由だけで

デザイン学科選んだのも
デザイナーとかになりたいとかじゃなく

受験学科の相談で予備校の先生に
「ソウさんはデザイン学科っぽい」
と言われたので

「じゃあ、そこで」
 っていう、、

成り行きみたいなもんでした。


だから

1年生のうちは課題・課題・課題という感じで
「こんなはずじゃないのに」って思ったこともあったし
普通に絵が描きたいのにって何度も思ったけど

そのうち
その生活と
徹夜に慣れていきました。

1年の時は製図と図学が嫌で仕方なかった。
先生に目を付けられたりして泣いたこともあったし。。


夜遅くまで居残ってたら副手さんが手伝ってくれて
やりなおして、
奇麗に製図がかけるようになって

先生からはじめて
「奇麗にできましたね」って笑って褒めてもらえた。
本当にうれしかった。

でも
大変って思ってたのは私だけじゃなくて
みんな大変って思ってるんだ。。って感じたら
気が楽になった。


一般教養では
なぜか必修語学をドイツ語にして
なんで素直に英語にしなかったのかと
自分のバカさ加減に泣いた。

でも先生が優しくて
あんなにできなかったのに
成績はAだった。。


とにかく一年の時は毎日大変だった。

とりあえず

「早く帰りたい」


が口癖でした☆


ついでに

わたしは京都が好きなんですが
夏に初めて京都一人旅に出ました。

主に史跡めぐり(幕末関連)ですが

この時の旅行が、あまりにも良かったため
そこから、今までの4年間は京都にいきまくることになります。

あとは自動車免許とったり。。
(今はペーパーだから練習してる)

バイト始めたんですがそこのバイトのババアにいびられて
大変でした☆





2年時は
色々と自分にとっても転機でした。いろんな意味で。


課題が終わらなくて徹夜してて
その日は
ずっとテレビつけて課題やってたんです

そしたら


深夜アニメが放送されてまして、、


「こんな時間にアニメやるんだ」って
思いながら見てたら
そのアニメの雰囲気が好きになってしまいまして、、

「和」で、妖怪退治のアニメだったんですけど


 臨 兵 闘 者 皆 陣 烈 在 前

とか主人公が

九字切りしちゃうようなアニメだったんですけど



ってかタクティクスですけど


気になって次の週も、
その次の週も見るようになったんですが
いつのまにか

盛大にハマってました


その「萌え」やら悶々としたものを吐きたい&
興味ある人と話がしたい
っていう理由から
ライブドアで初めてブログをつくりました。

ついでに
「萌え」とかそのへんの関連用語を知ったのは
そのあとのことです。


もう、、
一回ネットの世界に入り込んだら終わりです。

ネットの世界でも交流してくださる方に恵まれ
とても楽しいネット生活がスタートしました。

未だに
その時出会った方がわたしなんかと
交流をしてくださってるのは本当にありがたいことです。



2年時は学校が毎日あったし授業はしんどかったけど
1年時と違って時間の余裕がある時で
自由に絵が描けました。

で、描いた絵をブログに載せたり
へたくそな漫画を載せたり、
リアルではムサビの交流展に出品したり、
文化祭に展示したり



悩んだりもしましたが
一番好きなことを、好きなだけやれた時期で
とても充実してたと思うんです。
そして表現するって
なんて楽しいんだろうって思いました。


特に夏休みは高校野球を見ながら
作品作りに没頭していました。
バイトもしてなかったし。


それと
成人式で、過去に、気まずい思いをした人と
仲直りできたのが大きかったです。
成人式以降、小学校、中学校の友達と関係がまた復活しました。

多分一番なにかに取り組んだことが大きかった気がします。

そしてお金もないのに
京都にやたら行きました。






3年時は

バイトをやりだしました。
学校はまた課題に追われることになります

学校では
ファンになった映画学科の先生の授業
(日本映画史)を、とりましたww


生活は、、なんか、、
悩みがおおきくなったり色々とぐだぐだでした。

あんまりいい思い出がないです↓


でも
友達が助けてくれたり
あったかい思い出もいっぱいあります。

先生との出逢いで
わたしのつくったものが
世の中に出回るチャンスをくださったり。。


あとミクシーはじめたりとか
予備校時代の友達が、
浪人して京都の美大に受かったので
長い間泊まらせてもらったりもしました。

ブログもFC2にしちゃいました。。






4年時は

18切符つかって
仙台の友達のところへいきました。
友達とは10年ぶりに再会しました。

あとは
岐阜の飛騨高山、京都、奈良、名古屋をまわりました。
えー一人ですね。

おかげで
時刻表にくわしくなりました。

あとは


「就職活動」「卒制」でてんてこまいでした。
あとミクシーをやめた。


就職はデザイン学科なのに
デザイン業界は興味がない、、という、、


別に入りたい会社はない感じだったので
(でもイラストレーターになりたい!!)

親が
「公務員試験受けろ」ってヒステリーおこして
すごい嫌だったんだけど

勉強よりも
親と言い合うのがめんどくさいので
なんとなく公務員を目指すはめに。

9月の試験に向けて
毎日図書館通いと制作との両立に疲れ果てるww

そもそも
3年間絵しか描いてない人間にとって
20科目勉強するのは苦痛でしかないwww

そんなとき

ジパング

との出逢いによって
また一気に以下略(しかも軍好きに)


あと
前々から興味あった広島の平和記念式典にも行きました
テレビでは見てましたが
初めての経験でとても貴重だったとおもいます。



そして
てんてこまいのはずなのに
バイト先で恋にめざめたりとかwwwwww


夏はリア充でした。

遊びほうけました。
2ケツしたり花火したりゲーセンいったり
ボーリングいったり深夜ドライブしたりwwwwwww

深夜まで遊びほうける!!
なんという正しい大学生のあり方!(違う


「普通大学の人の生活って

こんなに鮮やかなものなのかなあ」


と思いました。。
 ↑
この発想。ひどい。


でも

身の丈に合わない生活はやっぱり疲れるもので


結局それも終わってしまいました。

そして公務員試験も落ちた。
でもなんとか就職はできました。某JAですけど。


秋から冬まではそれこそいろんな意味でリア充すぎて
(卒制が大詰め)
本気で大変でした。







最後の最後まで
色々と大変だった学生生活。。

華の女子大生とはいえない学生生活でしたが
とっても充実してたように思います。



みんなにありがとうございました。




2008年03月27日 | Comments(6) | ☆学生時代の泡

横須賀プチ旅行記(坂の上の雲・戦艦みかさ)




あーしたー春が来たら~♪

横須賀にいってきました

今回の目的は戦艦三笠(みかさ)の見学です^^
興味のある方はこちら↓

横須賀プチ旅行 写真日記


DSC_0038.jpg


DSC_0066.jpg


「打ちい方はじめ~ww」

主砲かっこいいよ主砲(;´Д`)ハァハァ


なぜいきなり横須賀に、、
しかも三笠見学に行ったかというと、
(((昨日ネズミーランドに行く予定だったのにつぶれた^^
ってのもあるんだけど

 今読んでる、この作品の影響です↓「坂の上の雲」。

坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



そしてこの間
秋山好古&秋山真之たん兄弟の出身地
四国・松山に行ってからというもの、
また興味が復活しました。
(元々、
日露戦争の話とか東郷サンは好きでしたが)



DSC_0101.jpg



三笠公園についたらいきなり巨大な戦艦みかさと
東郷タソの銅像があってハアハアが止まらなかったww



あと、
三笠公園からは

DSC_0044.jpg



「横須賀の海は穏やかで

猿島の猿は今日も元気でしょうね」

「猿島に猿は、一匹もいませんよ」


で、超有名な(一部に)
猿島がみえます。(三笠公園から猿島へも行けます)








戦艦三笠は、戦後荒廃してましたが
アメリカや、市民からの支援で
そのままの姿が、記念館としてのこされています

DSC_0052.jpg


↑ここは
東郷タソが指揮をとったとこですよww


下の階は資料展示や、士官の部屋、追悼の部屋
日本海海戦時の連合艦隊の写真などが盛りだくさん。
東郷さんの遺髪もありました!

つか、

日本海海戦時の連合艦隊の写真の

 参謀 清河純一大尉のお写真。。


DSC_0067.jpg


なんというイケメン!!

え、イケメンだよな。
ものすっごく好きな顔なんだがwww
そして
「大尉」というところがまた、イイ!(なんぞ

あと
この写真の一番右に、秋山真之がいらっしゃいます。。
(この写真だと半分切れてますが:::)

秋山真之は(兄の好古もそうだけど
日本人離れした顔立ちの美形でいらっしゃいますなあ。


ってか

みかさの艦内に「ひとことノート」
みたいなのがおいてあったんだけど

DSC_0080.jpg


本当に、、

ハルヒ厨はいい加減にしてほしい

なんというゆとり。。

天気晴朗なれども波高し。

皇国の荒廃、この一戦にあり


の、台詞を
ハルヒが言ってたことから
キモオタが三笠に来たんじゃないかと推測。

しかしまあ、、こういうノートに
二次元オタネタを織り交ぜてくる奴って^^:
あたし白石好きじゃないんだよね(そういう問題じゃない

自分の心にしまっとけよ
それより字が汚ないなあ

あと
「長門は俺の嫁」
って言ってるやつも自重してほしいわ





ところで

三笠公園は

横須賀中央駅から歩いて15分くらいのとこでした。


横須賀って横須賀駅と横須賀中央駅があるんですね。
てっきり三笠公園は横須賀駅近くにあるんだとおもってました。


わたしの家からだと
朝7時半の電車に乗って到着が9時半くらいだったので
朝ご飯を食べておらずお腹が空いたので

日曜だけどカレーを食べよう!

ってことで


横須賀海軍カレー本舗

で、海軍カレーをいただきました。
カレー大好き。

DSC_0103.jpg


こういう形式?のカレーって
食べ方がわからなくて焦ったけど
(カレーをごはんにかけると食器がふたつ汚れることになるし
ご飯をカレーの中に投入するとなんか汚らしいし。。みたいな)

なめらかでめっちゃおいしかったです。
牛乳もついてたんですが、、飲めず、、。
(別に牛乳が嫌いなわけじゃないです)

カレーに牛乳って、給食みたいですね。


あと
もう一つたべたww

DSC_0110.jpg



せっかくの港町で、
魚市場があるならおいしい魚を食べようと思いましてwww

駅から30分くらい歩いたとこにある

はま蔵

ってとこにいきました。

なんか、、
携帯で横須賀の情報を集めてたら
FN横浜(ラジオ)のBBSをみつけて

そこに
「はま蔵」は魚が新鮮でおいしいですよ。
あら汁は具沢山でそれだけでお腹いっぱい♪

みたいなことが書いてあったので
あら汁目当てでいったら、、
ランチタイムのせいかありませんでした。。

しかもすっごいこんでた!!!
10分くらい並んでましたww






魚市場からもどってくる時
「うみかぜ公園」を通りました。

DSC_0132.jpg



ここからも猿島がばっちり見えます。

猿島と聞くたび
某角松と某如月の
「横須賀の海は穏やかで 猿島の猿ry」 「猿島に猿はry」
の幻聴が。。

ここではみんな釣りしてたww
市民がくつろぐ憩いの場っぽい公園でした。






中央駅から横須賀駅まで歩いて
横須賀駅から帰ることにしました。

DSC_0174.jpg


横須賀駅に来る途中で艦、潜水艦がみえました!!!
(自衛隊基地が近いので)
あと
横須賀駅は階段のないめずらしい駅です。


や~横須賀いいですね~!!
三笠は感動しました!!
今度はなんかイベントのある時にきてみたいです。
楽しい一日でしたww



DSC_0179.jpg


ついでに
横須賀駅の、このホームはたしか
角松と尾栗が菊池をめぐって殴り合った
青春の場所ですねえwwwww(ジパネタ

あの喧嘩のシーンってアドリブらしいですね。
最近知りました!!

って
日記の締めがジパングネタとかorz







2008年03月24日 | Comments(4) | おでかけ記 ~2009

広島 呉・江田島旅行記(原爆ドーム)





呉・江田島記の続きです☆


後ろ髪を引かれる思いで呉に別れを告げ
また快速あきじライナーにのって
広島市内へと向かいました。


なんとなく思うのが
呉と広島の雰囲気ってまったく違うなあ、ということ。
とくに原爆ドームの雰囲気なんかその象徴ですが。
何が違うのか、言葉では言い表せないけど



ついでに、
広島に来る前に読んでたもの


夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
(2004/10)
こうの 史代

商品詳細を見る



レビューは省略。。でも繊細な感じがして好きです。
映画はみてないので
今度ツタヤがレンタル開始したらみてみます。






つか、
あきじライナー、
座席に座ってたんですが
足のところから熱風が出てめちゃめちゃ熱かった。

うとうとしてたんですが熱さで目がさめた。


荷物置きたかったので
大好きな路面電車で
とりあえずホテルのある、銀山町(かなやまちょう)まで。

そして
また路面電車にのって

原爆ドーム に、向かいました。

興味ある方はどうぞ↓

原爆ドームのお写真


去年の8月6日の、平和記念式典に
川越市から出席したんですがあれから半年ぶりくらいです。

2007年 記念式典写真



でもここに来るのは
三回目になります。


DSC_0415.jpg


DSC_0417.jpg




わたしはでっかいカメラぶら下げてるから
カメラが得意な人というか、
そういう人に思われたみたいで

歩いてたら
何組かに「カメラとってください」と言われた。


そのうち
2人は一人旅の外国人。一組は日本人の家族。あとは外国人の団体。


一人旅の外国の人は
やたらフレンドリーな方で(アメリカから来た人だった)

日本語は話せるみたいですが
いまいち不安定な感じでした。

一生懸命コミュニケーションをとってくれて
色々話をしてくれてる?んですが


やっぱり細かい日本語がわからないみたいなので
手帳取り出して
メモ欄に絵とかそういうの書いて
わたしもコミュニケーションとってみた。


最後、
「また会いましょう」「あなたの幸せを祈る」
みたいなこと言われてさよならしました。

や、一期一会だ。と、
ちょっとジーンとしました。
微妙に泣きそうになった。


このやりとりを

原爆ドームの前でするなんて思わなかった。


不思議な気持ちになりました。


あああああ
こういう時英語が喋ることができたら
もっとわたしも気持ちが言えるはずなんだけどなあ


DSC_0452.jpg



夏には
青々としてた式典会場の芝生も
冬はこんな感じでちょっと物悲しいですね。


原爆の資料館は
入るつもりはなかったんですが、、、
(ちょっと一人で入る勇気がなく)
でもせっかくなのでもう一回みてみました。

やっぱり人が多かったです

DSC_0434.jpg



地下でも展示物(こちらは無料
があるのでのぞいてみました。

新着展示物のコーナーがあったので
のぞいてみたら
テレビで

戦艦長門に乗船している

一般市民


の映像が流されてました!!!!

まだ戦争空気が濃くなる前の貴重な映像らしいですが
市民と海軍の関係が
友好的だったんだな。とおもいました。


DSC_0458.jpg


DSC_0463.jpg


DSC_0462.jpg



元安川のまわりを歩いてると

夕凪の街

っていう感じ?がします。。

日も暮れはじめたので
もどることにしました。また路面電車に乗りました。

路面電車の駅?からの夕日がきれいで涙が出そう。

DSC_0465.jpg







八丁堀で下車して

夕ご飯を食べるべく、

「お好み村」
 に、いってみました。

DSC_0466.jpg



しかしまあ、、
こういう所に一人で行くのは
なかなか緊張するもので、、。。


「お好み村」はビルの中に
いっぱいお好み焼き屋さんがつまってるっていう感じなんですが

5時半くらいだったし早すぎたせいか
あんまり人がいないしで、、。
中に入っても、
あんまり活気おびてなくて

なんつうか、、

ウェルカムモードじゃない

ので、
ちょっと入りにくかった。
「いらっしゃい~」とか言われれば、、入りやすいんだけど

なんか、、
店の前をうろうろしても


無視。
 みたいだったので、、

帰ろうかな。
違うところに行こうかな。と思いました。

でも
せっかく来たからお好み村のどっかで何か食べたかった。
一旦外に出て
パンフレットもらってたので
入りやすそうな?とこ厳選して

八戒(四階なのに八戒)

ってとこに行ってみよう!!
シャレとか掲げるくらいだから
きっとお店の人はフレンドリーだろう、、。

と、、思って行ったんですけど


私「すみません~」

店の人 (無視)

私(ええ、、、聞こえなかったのかな。。)

 「あっすみません、やってますか?」


店の人「まだだけど。」



、、、

わー!愛想ねえ!

という感じだったので、、
他のとこさがしました。

そもそも
5時から営業って書いてあるのに
まだ。とかなんなんだよ。。

で、
また引き下がってパンフで
よさそうなとこさがしました。
次、

あとむ


ってとこにいってみました。

パンフには「心をこめて作ったお好み焼きが人気」
っていうことが書いてあり、
「心を込めて」という文句に惹かれて。


ここも仕込み中?っぽかったので

「やってますか??」
ときいたら
「大丈夫だよ。いらっしゃい」と言ってくださったので
中に入りました。


一番隅の方に座ってたら
おかみさん?らしき人とここの大将?に

「もっと真ん中に来なよ」といわれて
ドギマギしながら真ん中の方にずれました。

最初
ボッチだったんですけど
そのうち他のお客さんが来たので安心しました。。


DSC_0471.jpg



「あとむ」のお好み焼きは
にんにくと、キムチが入っていて変わっていました。

とってもおいしかったです!!111


DSC_0472.jpg



「切った方がいいでしょ?」
と、食べやすいように切ってくださいました。


うどんはわたしのチョイスですが
本当はそばの方がいいらしいですね。



お好み村は
わたしが帰るころにお客さんがぞろぞろ来て
活気がでてきました。


やっぱ6時前は早すぎたな。





(続く)
2008年03月20日 | Comments(0) | おでかけ記 ~2009

少女と少年時代 色バトン

oo213.jpg



ある漫画をみてたら触発された。


卒業式の化粧が肌に合わなかったせいか
肌が大変なことになってます。。腫れてる、、どうしよう↓
敏感肌です。。

今日は朝から運転の練習で2時間ほどドライブww
まずはペーパー脱出!
今日は知り合いの個展をみに銀座へいってきました。

最近は毎日2時間くらい車に乗ってます。







武士


クリックするとちょっと拡大する^^:

兵隊さんの落書きばっかりしてたんですが
ファンタジー?な感じの本の絵をみて触発されました。
魚の世界。



武士206




最初顔と魚?だけだったけど
なんかまわりを足していった感じになって
やっぱり計画生も無い感じ。
色つけたいなあ。






やっとバイトやめた!やめたよ!!フリーダム!
ドアラのように!


「俺は、君のためにこそ死ににいく」をみました。
題名うろ覚えで
「ぼくはきみのために死ぬ」だと思ってたら
「おれは、きみのためにこそしににいく」だった。

ついでに
「博士の愛した数式」も、うろ覚えで
「博士の数学」だと思ってた。

友達に言ったら
「おばあちゃんじゃん」と言われてショックでした。




明日、就職先の内部研修だよ。
あと数日で社会に出るなんて思えない!!


2008年03月18日 | Comments(4) | モノクロな絵

広島 呉・江田島旅行記(海軍墓地・アレイすこじま、大和に関する場所)




こっちの続きです☆


江田島からもどってきたわたしは
旧海軍墓地(長迫公園)へ向かいました。


DSC_0288.jpg



DSC_0279.jpg



行く前は
ちょっと小雨っぽいし
午後4時半くらいだから暗くなってきたし
なんというか、、雰囲気満点な感じだったら
手を合わせるだけ合わしたら帰ろう。。

と思ってたのですが
ひとつひとつの碑をじっとみてしまいました。

DSC_0285.jpg


あ、
綾波だ。。



DSC_0290.jpg



大和はどこだ?と思ったら
かなりわかりやすいところにありました。



ここは
映画「男たちの大和/YAMATO」のエンディングで
鈴木京香さんが
お参りにくるシーンで使われてました。

ぐるっとまわって
手を合わせて


帰りのバスを待っていたんですが
ホテルのある通りに出るのに
ここのバスでいいのかわからずおろおろしてたら

おばあさんというかおばさん(きれいな方で若く見える)が
後から来たので

「本通3丁目って、
次のバスが通るかわかりますか?」

と聞いたら

「わたしは次のバスは使ったことがないんよ
○分に来るバスなら通りますよ
こっちに一緒に乗りましょう」

とおっしゃってくれて
一緒に待っていました。

「呉の人じゃないね」といわれて

「埼玉からきました。」といったら
遠いとこから一人で?とびっくりされました。


うーん
観光地と言われるところ、
例えば
京都とか広島市内とかで一人旅行者はけっこういるから
さほど驚かないのかもしれないけど


江田島の時もそうだったけど
呉とか、若い人で(しかも女で)

一人で来るってあんまりないみたいで
すごい驚かれます。。
(と、同時に心配される)

なんか
変わり者なのか?と思われたくないので

「歴史に興味があるのですが

趣味が同じ人って周りにいないので一人で来るしかないんです

ゆっくりみたいところがあると友達と行くのは難しいです。



ただ「遊び」に行くのは
友達がいないとつまらないけど
こういう場合は一人でじっくり見て、考えたいっていうのを伝えると

すごく理解してくださいます。


で、
おばさん(というか品のいい奥様)
と一緒にバスに乗ったのですが

「今海軍墓地にお参りしてきたんです。」

って言ったら

「えらいねえ。
わざわざここまでお参りにきてくださるなんて」

とおっしゃるので

「っていっても別に何してきたわけじゃなくて
ただ手合わせたくらいですけど。。」

花とか線香とかあげたわけじゃないし、、
ってことも言いました。。

「その気持ちだけでいいのよ」って言ってくださいましたが、、。

あと
ここにくる前に
江田島に見学させてもらってきたことなど
話したら

なんと

そのおばさんのお兄さんも
海軍墓地に奉られているということ、


戦争当時の様子や
呉の空襲について、などちょっとの間ですが
話をきかせてくださいました。


呉には長いこと住んでいて
いい思いでばかりではないけど離れられない


とおっしゃっていたのが印象的でした。

お礼を言って
バスを下りて
「あのおばさん若い時さぞきれいだったろうなあ。

お兄さん戦争で亡くなっちゃったのか」

など考えながらホテルにもどりました。






次の日

めちゃめちゃ晴れました。
呉を起って広島市内に行くので

その前に
呉、大和に関するスポットなどをまわりました。

興味のある方はこちらへ↓


アレイからすこじま 鎮守府 200階段など


まず
バスで向かったのが

アレイからすこじま

いったいどんな名前よ

DSC_0298.jpg



ここは
潜水艦が目の前にみえるスポットとして有名。
海上自衛隊第一潜水隊軍司令部前から300メートル沿った公園。

日曜には
護衛艦の一般公開をやってるみたいです。。


男たちの大和では
「第一上陸桟橋のシーン」のロケ地になってたとこです。

DSC_0292.jpg


DSC_0307.jpg

 (;´Д`)ハァハァ


DSC_0312.jpg


 時々
自衛官がちらちらいらっしゃったりして
胸がときめきます。


次は

旧呉海軍工厰跡

DSC_0325.jpg



アレイからすこじまよりちょっといったとこなんですが
車の往来が激しいので
おとなしくバスで向かいました。(一分ほど)
正岡子規の句碑があります。

ここで
大和が作られたそうなんですが
そう思うと
感慨深いです。

DSC_0326.jpg



「大和のふるさと」って、、
後からかいたでしょwwwww


戦時中、
大和がつくられてることは
極秘だったらしく
今でこそ親しまれてる?というか
なんか悲劇の象徴みたいな、人々の涙をさそう、、みたいな感じですが

海軍では
名前はしられていたそうですが
一体どのようなものなのか、あまり知られてなかったようです。


夜になると
この空の上が真っ赤になって
周りは憲兵などで固めて極秘にやってたそうなんですよ。


人々には戦艦大和よりは戦艦長門の方が
しれわたってたし愛されてたみたいです。

大和タソかわいそうだお、、


そして
次は


旧呉鎮守府(海上自衛隊呉地方総監部)

鎮守府とは→海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄した機関

DSC_0335.jpg



日曜日一般公開のため

中に入らせてももらえません;;


別に中に入ってもいないのに
「今日は日曜じゃないから見学できないからねー」
っていわれたぜ、、

DSC_0338.jpg


ちょ…尻…アッー><



鎮守府は
呉、横須賀、佐世保、舞鶴、あと中国のどっかにあったみたいですが
戦争の末期になると
舞鶴と中国は閉鎖され
戦後、1945年11月に廃止されたそうです。


ここから
歩いて大和ミュージアムやくじら館の方にもどりました。


それから
呉駅にもどり

高いところから呉をみてやろう。


と、思いまして

両城の200階段にいきました。


「海猿」のロケ地にもなったみたいです。
(わたしは海猿は見てないのでよくわからないんですが)

バスで行こうと思ったら
「歩いていけるよ」とおしえてもらえました。
正直バスにお金使いたくなかったので助かった!
呉駅から15分くらい?で着きます。

DSC_0381.jpg



DSC_0382.jpg



なんか
後ろからおばあさんものぼってきた(住人の方
ので、
負けられるか!!
と思って急いで上ったら途中息切れした。


ってか


数えながらあがってみたんですけど
200以上だったんですが。。



それでも
人が住んでいる。。



呉は1889年(明治22年)の鎮守府開庁以来、
人口が増大したが、
平地部が少ない上に多くが軍用地となっていたために、
転入してきた軍人や職工は傾斜地に住居を求めるほかなかった。
この両城地区は海軍士官が多く居住していた。



だ、そうです。

頂上からの眺めは最高です

って書いてあったから
一生懸命上ったんですけど
頂上、

墓地でした


DSC_0392.jpg




のぼりはいいんですが
下りがこわいので
緩やかな下り坂があると聞いてたのでそっちから帰りました。

DSC_0400.jpg



帰りに
防空壕跡をみつけました。
元々は海軍軍需部の倉庫だったみたいです。

昨日の、海軍墓地の帰り道に
出会ったおばさんも言ってたけど
呉は海軍の工場などいっぱいあったから
米軍から特に狙われたみたいです。。




もっと呉にいたかったですが
最後に呉の町を一望して、呉に別れを告げ
広島市内に向かいました。
そして絶対にまた来る。と思いました。


(続く)










2008年03月15日 | Comments(2) | おでかけ記 ~2009

広島 呉・江田島旅行記(術科学校)




こっちの続きですよ



二日目は
天候があんまりよくなかったですが
いよいよあこがれの地、江田島へッ!!

興味のある方はこちら↓

江田島のおしゃしん



江田島の兵学校は
戦前はイギリス・ダートマス兵学校、
アメリカ・アナポリス兵学校と並び、世界3大兵学校と呼ばれたところです。!


大和ミュージアムとなりの桟橋から
江田島行きのフェリーがでています。

DSC_0148.jpg



DSC_0149.jpg


呉~江田島の小用港へ。



江田島の術科学校は
一般の観光地ではないですが

平日は→10時半 13時  15時
土日、祝日は→10時 11時 13時 15時

に、行けば
海上自衛隊学校内を案内してもらえます。
正門で30分前から受付してもらえます。


わたしは
10時半の案内に着くようにフェリーに乗りました。
江田島、小用のフェリー桟橋から
術科学校まではバスに乗らなければいけないので

バスの接続のよい、
9時25分の呉からのフェリーの乗っていきました。

DSC_0165.jpg


フェリーの時間は20分くらい。
江田島がみえてきます!!

そして
大柿高校前行きのバスに乗れば
「術科学校前」まで行ってくれます。(5分くらいで到着)


DSC_0170.jpg


ちょっと歩いて
すぐ門が見えてきました!!!!


で、
なんか入っていいのかよくわからない雰囲気で
うろうろしてたら
(カメラかかえてあきらかに不審者)



「志願者の方ですか?」
と聞かれたので


普通に「はい」
と答えてしまったのですが

志願者って、
見学希望じゃなくて
この学校に入学志願者ですか?って意味だったらしく


守衛にいる、わたしと同年代くらいの若い生徒さん?が
なんかおかしいと思ったらしく

「見学希望の方ですか?」
と聞き直してくれました。


で、
氏名、住所、性別、入所時間(10時3分でした)などを記入して
「できるだけ目立つところに」と、見学者バッチを渡されました。

DSC_0203-1.jpg



「10時半まで広報展示室でお待ちください。

まだ時間があるので
そこに売店があるので自由にしてもらってて結構です
でも
10分前には広報展示室に居てください」

と言われたので

売店をのぞいてみることにしました。
普通のコンビニでしたが
洋服屋?とかもありました。

DSC_0172.jpg


DSC_0173.jpg




で、
コンビニをみて、
広報展示室に。

DSC_0176.jpg


入ってみたら
制服がWWWW!!!!!!!

DSC_0177.jpg


あと、テレビがあって
生徒さん達の訓練の様子や、日常の風景などの
ビデオが流れていました。


隅の方で
ビデオを見てたら

「なんでそんなすみにいるの。こっちの方がぬくいよ」

と、
ストーブを強くしてもらったので
ストーブ近くに移動しました。


ここ撮影しちゃだめなのかなあ?
と思ったので
「ここって撮影禁止なんですか?」
と聞いたら

「大丈夫だよ
見学中も撮影禁止のところはちゃんというから」

と言ってくださったので
容赦なくとりました!!海軍!海軍!

DSC_0180.jpg


DSC_0178.jpg



というか

この時間帯の見学者ってもしかして
わたしだけなのかなあ、、
と、不安になってきました。

10時半になって案内人の方が来てくださいました。
案内の方はちょっと早口なので
一生懸命話を聞こうと思いました。



で、いよいよ内部を見学開始!!

やっぱりわたし一人でした





まず
学校の門の方にある、山の説明をしてくださいました。

DSC_0268.jpg


あの山は
生徒が訓練であの山に登るそうですが


案内の方が現役のころは

山での訓練のさい、
教官が後ろで棒を持って「やさしく応援」してくれたみたいですが
今そんなことしたら
翌日新聞をにぎわしちゃうから
そんなことはしません。


と、いってました。(笑


ちなみに
案内してくださる方はここのOBの方です。


そして
大講堂。

DSC_0183.jpg



ここは
学校の入学式と卒業式だけしか使われないそうです。
立派な建物なのにもったいない気がします。


昭和天皇は2回もここにいらっしゃったそうですよ。


中に入らせてもらいました。
写真はなんとなく撮っちゃいけない雰囲気だったので
撮りませんでしたが

ここは、、
ほんと心があらわれるような場所でしたよ。

まず、
いかにも時代をかんじさせるドアを引いて中に入ると
国旗がバッテンに掲げてあってだな。

DSC_0185.jpg



で、
声がすっごい通るの!!!!
なんか
「鳴き龍」みたいに
手をパンってはたくとエコーしてるような感じです。


案内の方がいきなり

「カラオケとか好き?」
というので

なんだ?と思ったら
「ここで歌うと気持ちいいよ!一曲歌ってみない?」

と言われました。
たしかにここで歌うとすっごい気持ちよさそう!!
だって普通に話してるだけでエコーがかってるんですよ。

わー歌ってみたい!!!!
と思ったけど、さすがに。。遠慮しました。



「せっかくなんだから歌ってみればいいのに。
老人会の人達がここに来た時
歌ってみますか?って言うと歌われるんですよ。

で、
次から次へと、みんな歌われてねえ。」


っていってました。



老人会ですか、、
やっぱりお年寄りの見学が多いんですか?

と聞いたら

60歳以上が6割

30、40歳以上が3割

あなたみたいな若い人らが1割ってとこだね



と言ってました。
やった!1割!希少価値!


でも
最近は映画などの影響で若い人も多くなったそうですよ。


大講堂は
占領下ではマリア様がおかれ、
教会として使用されてたそうです。

たしかに
西洋風の建物で違和感はないけど
なんか嫌だなあ。と思いました。


「じゃあ、今度来た時はぜひ歌ってみてね」

とか言われながら
大講堂を後にしました。




大講堂のとなりには
赤煉瓦の「士官候補生学校」が!!!!!

DSC_0189.jpg



ああ、!!!!!
ここで
草加と滝(ジパング参照)が学んでたんだそうに違いない!
と、二次元の世界に迷いこんで

案内の方の話が上の空になりそうでしたが



下をみると
砂がきれいに整えられてあります。

DSC_0250.jpg




毎日、生徒さんが
「甲板だと思って」手入れをしているそうです。



次は
あの松を見て
と言われて

校内に生えているたくさんの松の木をみました

DSC_0254.jpg



なんかきれいにまっすぐで、

「なんか、、すっごいまっすぐな松ですねえ。」

と言ったら

「お!するどいね。なんでまっすぐなんだと思う?」

と聞かれたので

「え??気候とか地形の関係ですか?わからないです。。」

と言ったら



「正解は

毎日教官が生徒に
 きをつけー!きをつけー! って言ってるから
松もまっすぐなんだよ!」



と言われました。
びっくりして

「えー!そうなんだ~!!松もそういうのわかるんだ!」


って本気にしたら


「えっとね、わたしの言うことは話半分に聞いてください」

と言われました
なんだ冗談か。

生徒が一生懸命手入れをしているそうです。



グラウンド?
で、生徒さんが訓練をされてました。


なんか、
野戦演習みたいだったんですが


「陸軍みたいな訓練ですね」

と案内の方に言ったら

「海上自衛隊でも、一応一通りはやるんですよ」

とおっしゃっていました。


演習風景をちょっとみてたら


女の子も何人かいました!!!





で、次は

DSC_0189.jpg


DSC_0248.jpg


DSC_0212.jpg


士官候補生学校の説明になりました。
この建物はホントにおっきい。


DSC_0247.jpg



DSC_0205.jpg



DSC_0235.jpg



レンガの一枚一枚、
イギリスから丁寧に紙にくるまれて運ばれてきたそうです。

ついでに
大和はこれ以上大きかったとか。



「わたしもぜひ大和をみてみたかったです」
と案内の方がおっしゃっていました。


今は中央に
桜に碇の海軍マークが掲げられていますが

DSC_0231.jpg


終戦前は菊の御紋だったそうです。

そして終戦後
連合国の支配下では

時計 が掛けられていたそうです。


時計がかけられるというのは
負けたという証拠らしいです。

案内の方いわく

「ここには二度と時計がかけられることがないようにしたい」

とおっしゃっていました。

わたしも同感です。



DSC_0230.jpg


術科学校と士官候補の学校は
隣にありますが

卒業後、海に出た時、ふねの中での扱いは
天と地の差があるそうです。



術科学校は
高卒、中卒から入ってくる人が主で
士官候補生学校は主に
防衛大、
4年生大学卒業後に入ってくる人が主みたいです。



語弊があるかもだけど

要するに
命令を下す側と命令に従う側
の、訓練をそれぞれ受けてるわけなんだろうなあ。

うーん
圧倒的な学歴の壁っていうのを感じました。



士官候補生学校の内部。
普段は入ることができないので
ちょっと外から。

DSC_0244.jpg


DSC_0193.jpg



階段のところには
鏡があり、

DSC_0242.jpg



生徒はここを通ると鏡をみて
自分の身なりを整えるのだとか。


「海軍が陸軍よりおしゃれっていうの聞いたことない?

そういうのは服装を整えるために鏡が置いてある
とかそういうところからきてるんだよ。」


と、案内の方がおっしゃっていました。
ちょっと得意そうな顔をしていらっしゃいました。WW




んで、
ここの目玉でもある

教育参考館

(幕末から第二次世界大戦までの
海軍関係者の書や遺品が展示してあるところ

1936年に建築された鉄筋コンクリート造り
東郷平八郎元帥、ネルソン提督、山本五十六元帥の御遺髪(非公開)がある)

の見学の予定だったのですが。。

教育参考館は、現在
館内をバリアフリーにするために
工事中で中にはいることができません。。。

10月に完成予定だそうです。


ぶっちゃけ、
ここに入らないと「江田島にいった」
とは言えないんですけど。。


かなり気落ちしたら
案内の方が工事してる人に言って、
写真だけ撮らせていただきました。

DSC_0196.jpg


うーん残念。



でも中の、遺品や、遺書などは
別のところでみられます。

DSC_0198.jpg


案内してくださった方がうつっていますが。

中に入ると
生徒さんたちも使っているせいか
ちょっと話し声みたいなのが聞こえます。


幕末海軍から
第二次世界大戦までの資料や、
写真


あと、
遺書が展示してありました。


遺書の保存状態はすこぶるよくて、
いつも思うけど

本当に美しい、ずっとみていたくなる字ですよね。

何がかいてあるのか、、
ちょっとわからなかったりするのですが
でも
美術品のような感じです。

わたしは
森本賜さんの血判の字が好きで
長い時間ずっとみていました。


あと
「遺言 ナシ
 七生報國」

と書いてあるもの、


平田康則さんの遺書?というか
小母さん小父さんにあてた手紙が
心にのこりました。


小父さんの娘さん?の高子さんが
三歳で病死してしまい
もう一度会えるとおもっていたのに
残念です
高子さんのご冥福をお祈りしています

みたいな内容でした。

平田康則さんの手紙の文字は
とてもきれいなんですが

他の
美しい字や、勢いのある字と違って


丸みのある優しい感じの文字で
平田さんの写真も
年齢よりちょっと幼くみえて
とても優しそうな風貌の方でした。


だから手紙の文字も、
現代のものと似通っていて
読めたので内容がわかりました。



それと歴代の卒業生の写真とか。

ついでに


草加拓海(ジパング)と同じ

海軍兵学校58期生の卒業写真もありました!!!

他より背景がしろっぽくて

なんかきれいな写真でしたよ!




(追記)すみません草加は55期でした。
津田が58期でめっちゃ勘違いしてました。わたしとしたことが。。。



案内の方が

「ゆっくりみていっていいから。

係の人に言っとくからね。

二時間でも三時間でも居ていいよ」



といって
行ってしまいました。

二時間でも三時間でもいいって

さすがにそんなにいないよ(笑

と思ったんですが
学校を出た時間は2時半すぎでしたWWWW


そのくらいずっと居ました。



ついでに
12時になると
ラッパ音と一緒にラジオが流れていました。


この学校では食堂(というかレストランっぽい)
も見学者は自由に使えます。
お土産売り場もふたつ。





案内の方いわく
「商魂たくましいでしょ」
といってましたがWW


まあ、
わたしもせっかく来たので
お土産買いました。

DSC_0278.jpg


黒いのはここでしか買えないらしい
オリジナルメモパッドwwww

DSC_0264.jpg


そしてお土産を入れてもらったいかにもな袋ww

あと
レストランで
カレーたべました!

DSC_0220.jpg



生徒さんもいましたよ。
女の人が多かったです!!!
かっこよかった!!!!!!!

女の人はおだんごに髪をしばっていました。


DSC_0222.jpg



お昼休みなのに
列を作って歩いてる生徒さんが印象的でした。

ついでに
自転車に乗った人がよく通っていましたが
自転車に乗ってるのは教官だそうです。

あと
ちょっと雨がぱらついてたんですが

傘をさしてる人がいませんでした。


出る時に
守衛のとこで退出時間を記入するのですが


10時3分に入って、14時半に出たので
守衛にいる生徒さんに

「そんなにみるところありましたかWWW」

と言われました。

まあ、
居過ぎだと思うけどWW



で、
近くに

「琴」っていう、
カープソースを使ったお好み焼きやがあるって紹介されたので
行ってみました。

ちょっと歩いてすぐでした。


守衛さんいわく、
生徒がよく行くそうです。
紹介されたからには食べました!!!


DSC_0269.jpg



DSC_0270.jpg




そこのおばちゃんと、おばちゃんの娘さんで経営されていました。
とてもいい人達で

「また江田島においで」
と言ってくださいました。


お好み焼きもおいしかったです!!


教育参考館がリニューアル?した頃

また絶対に来よう!!



と、思いました。
なんかもっと居たかったです。



(続く)
2008年03月08日 | Comments(2) | おでかけ記 ~2009

広島 呉・江田島旅行記(大和ミュージアムとてつのくじら館編)



念願だった

呉・江田島 にいってきました☆☆

今回も写真がいっぱいありますよ。
興味のある方はこちらへ↓


呉 大和ミュージアム・てつのくじら館 おしゃしん



今回お写真はまた父親のD80をかついでいったお。
解像度下げてるけどクリックすると
ちょっと解像度のよい写真になるお!

DSC_0001.jpg




広島自体は三回目になります。
久しぶりの一人旅。!

まあ、
海軍に興味ある人もまわりにいないので
結局一人で行ったわけですがヽ( ´∀`)ノ


新幹線で東京~広島まで4時間(ずっと寝)
広島駅から呉まで30分(快速・安芸路(あきじ)ライナー)
でした。


DSC_0004.jpg



この、
安芸路(あきじ)ライナーが揺れる。
しかものろいwww


近ツーの担当さんに

電車の左側にいると海がみえるよ

と、おしえてもらってたので
左側に立ってました。


そしたら
呉近くなってくると海が!!!!
軍艦(かな?)が!!!
みえてきて、
テンションが高まりました・*:.。. .。.:*・゜゚・*


呉について、
荷物が重いので
泊まるホテル探そうとおもったら


お目当ての

大和ミュージアム
(呉市海事歴史科学館)

と、

てつのくじら館
(海上自衛隊呉史料館 )

が、
駅から徒歩5分とかそのくらいの距離だったので
荷物をコインロッカーに預けて
さっそく観に行きました!!!

DSC_0006.jpg



ミュージアムまでの遊歩道にある旗。
呉の大和を観光資源にしようっていう頑張りを見た気がしますよ
イイヨーイイヨー


まずは
大和ミュージアムからヽ(´∀`)9


DSC_0042.jpg




ミュージアムの券は近ツーでとってもらってたので
スムーズに入場。



お目当ては
10分の1大和です。

DSC_0020.jpg




DSC_0012.jpg



10分の1なのにでかい!
入ってすぐ目の前にありました。



DSC_0013.jpg


DSC_0037.jpg


DSC_0023.jpg



零戦とか
人とかもよく見ると乗ってるんですよ。



DSC_0119.jpg



大和は今海に沈んでるけど
この菊の御紋ははっきりわかるんだよ。


DSC_0018.jpg


バルバス・バウ(Bulbous Bow)


船の造波抵抗を打ち消すために、
喫水線下の船首に設けた球状の突起。
球状船首(きゅうじょうせんしゅ)とも言う。

日本海軍の大和型戦艦が早くから採用していたことで有名である。



展示物は結構少ないのかな?
と思いきや、じっくりみると半日くらいはかかります。



映像資料も多かった。

大和が戦利品になることだけは

避けたかった



という、
元大和乗組員のお話が印象的でした。


人間魚雷「回天」と
回天乗組員の遺書があり、
そこに


 頼ムゾ 宮崎

 俺ハ無念ダ



と、
おっきく書いてあるものがありました。

、、、今、、宮崎は東国原知事が頑張って(ry



この遺書、
保管環境がよかったせいか、
紙が白くて、まるで今書いたかのような感じで
余計に胸にせまってくるものがありました。


いつも思うけど
昔の人の字ってなんでこうも美しいのか。。
ずっとみていたくなる。



あと、
遺書を読み上げた音声もありました。

声の主は塚本太郎さんという方でしたが
出陣に際してレコードに肉声を録音して、
ご遺族が先年に偶然みつけたものだそうです。

これは本当に。
貴重。

最後の、
「元気でいきます」
という言葉を聞いたあと
しばらくその場から離れられませんでした。


そしたら


後から来たオバちゃんが
塚本さんの写真をみて


「あらッ!!イイオトコ!!!!111
イイ顔してるわ~
この人死んじゃったのね~。
イイオトコなのにね~もったいない!ねえ~!
あなたくらいの歳じゃない?イイオトコよねえ!!」

と話しかけてきました。

イイオトコを連発していったお。。
おばちゃん自重

、、、(;´∀`)ゝ”



ほんとにいい男だよ、塚本さんは。

しかし
願わくば、、
おばちゃんには空気をよんでほしかった。

(#^ω^)ピキピキ



DSC_0133.jpg



DSC_0129.jpg




再入場券がついてたので
一旦、出て港(というか桟橋)散策しにいきました。

遠くに「土佐」というふねがいました。


DSC_0051.jpg



DSC_0043.jpg


調査船「しんかい」がおいてあったよ。




で、その後てつのくじら館に行ってみました。


DSC_0059.jpg


DSC_0061.jpg



「あきしお」っていう、ちょっと前まで活躍してた
本物の潜水艦内部がみられます。

まさに陸にあがったくじら///


DSC_0087.jpg





あきしおだよwwwwwww





DSC_0376-1.jpg


DSC_0375.jpg


 何wwwwこれwwwwかわいすぎだろwwwwww

あきしおの次に頑張ってるのが
この「そうりゅう」。
不覚にも萌えた。





資料館は
海上自衛隊(海自)の人達の潜水艦での生活や
海自の仕事などの資料がいっぱいあります。

元海自の方がボランティアの案内してくださったりします。

「わたしも○○年間ふねにのってましたから」
「世界一周はしましたね」
とか
さらっと言ってました。


潜水艦内部では
赤いランプの下で過ごすそうです。

DSC_0363.jpg


気が変にならないのかな。


DSC_0062.jpg


この服装ジパングでみたことあるwwwww



おなか空いたし疲れたしで
ちょっと休憩したかったのですが
周りに
飲食店やコンビニなどなかったので

近くの「ゆめタウン」とかいう
ファミリーデパートまでもどって
地下で、広島風お好み焼きを食べました。


DSC_0105.jpg



見た目はきれい。



で、
また再入場券で
またミュージアムをのぞいて


ホテルに行こうとしたんですが

森沢ホテル、、駅から遠い!!
一番安いホテルで頼んだためなんだろうけど、、。


仕方ないので
バスでいくことになりました。




森沢ホテルの近くには
レンガ通りという商店街?みたいなのがあったので


そこで夕飯を食べました。


DSC_0138.jpg



昔ながらの店構えと
「呉発祥の肉じゃがを食べられる」
ということで

ここのご主人は3代目ですが

先代の方は海軍で料理を作ってたらしく、
当時のレシピで再現された肉じゃがを注文。

あと
看板メニューのカツ丼。

DSC_0134.jpg



肉じゃがはほくほくしてて素朴な感じ。

カツ丼はどんぶりじゃなくてお皿に。

しかもデミグラスソースがかかってて
カツ丼というよりはカツカレー?のような。

カツはやわらかくって
デミグラスソースがマジうまい!!!!!!


また食べたいです///


で、
ホテルにもどって
その日はとても疲れたので
小学生もびっくりの8時に就寝。




(続く)



2008年03月07日 | Comments(2) | おでかけ記 ~2009

お伊勢参り &京都 お母さんと。






画像がいっぱいあります。。

DSC_0600.jpg



2月の24日から
お母さんと伊勢参りと京都に行きました。



ウェブアルバムにまとめました☆



せっかくなので
宝の持ち腐れになってる(笑)父の

Nikon D80 を、内緒で持って行った☆


初めは伊勢参りから。
新幹線で名古屋まで行き、
特急で宇治山田で下車して下宮→内宮の順でまわりました。

DSC_0527.jpg


ウェブアルバムにまとめた
伊勢参りお写真集


お昼は
内宮近くのおかげ横町で

「伊勢うどん」

を食べました。

ぶさいくなおうどんで、
タレみたいな甘辛い?感じのつゆがかかってて
ごくシンプルなおうどん。

また食べたくなる不思議さ。



 「おかげ横町」には

吉兆招福亭

っていう招き猫の店があるっていうので楽しみにしてましたww
このお店がツボすぎて!!

ウェブアルバム 吉兆招福亭



DSC_0613.jpg


DSC_0606.jpg


DSC_0642.jpg


おもしろいものいっぱいのおかげ横町と内宮の周辺。

わたしは
お伊勢参りより「おかげ横町」の方が楽しみでしたww
サーセンwww

DSC_0622.jpg


DSC_0641.jpg



日曜だったせいか
なんか混んでたんだけど
太鼓のもようしものとかありました。
お姉さんがかっけかったッVv


DSC_0556.jpg


外宮にも内宮にも鳥がいっぱいいた。


DSC_0662.jpg



うわさの赤福も復活してたのでたべました。

母親がお土産に買いたがってたけど
お土産は一時間待ちとかでずらーっと並んでました。
たしか北海道の白い恋人の時もそうだったけど。。

上品な甘さでした。
お茶が、、とってもおいしかったです。(赤福は?


その後
京都に行きました。

6時半頃に京都に到着したので
ホテル「京都都ホテル」で荷物おいてから

祇園の

茶寮都路里

に、行ってきました。夜9時半まで開いてるので。


DSC_0706.jpg



特選都路里パフェ と  ヨーグルトパフェ




さすがにウマーい!!!
やっぱ抹茶にはあんこ♪

高いだけのことはありますな~♪
でも
ヨーグルトの酸味と抹茶のまろやかな渋みは不協和音だと思うんだ。
個人的に。


つじりは過去一回だけ食べたことありますが(大学一年の時

おいしかったけど、、
値段が高いのでそれから食べる気しなくて
(パフェが1000円以上とかwww学生泣かせwww

今熊野のバス停前の
「梅香堂」ってところが安くておいしいよって
地元民におしえてもらって
ずっとそこに通ってたので、ホント久しぶりでした。









翌日は
京都駅から特急で天橋立にいきました。

アルバムにまとめた、
天橋立お写真


マタからのぞく。

DSC_0785.jpg



行きは
四キロの松並木(この道が天橋立)
を歩いたのですが帰りはさすがにフェリーで駅にむかいました。

カモメがよってきました。
ずっとカモメのターン!

DSC_0847.jpg


DSC_0834.jpg


DSC_0835.jpg


DSC_0837.jpg




そのあと
母親が一緒なので
舞妓さんの格好したww
舞妓体験 夢工房

写真は自重するwww
所要時間はだいたい2時間くらいですよ♪







最終日は
京都市内観光しました。

朝っぱらから「貴船」へ。

26日は京大の受験日だったらしく
未来の日本を背負う頭脳達がぞろぞろ京大に向かってました。


ウェブアルバム 貴船お写真集

京都駅から出町柳までバスで30分、電車で30分、貴船口から歩いて30分です。
冬期は貴船口からバスが出てなかったwww


DSC_0894.jpg


DSC_0909.jpg


ママン↑

ついでに帰りもタクシーが20分後に来るとかいうので
歩いて帰りました。


そのあと
下鴨神社に向かいました。(縁結び的な意味で

下鴨神社お写真



下鴨神社でまったりしたあと
北野天満宮へ梅を見に行きました。

ホントは25日の梅香祭に行きたかったんですけどね。


DSC_1012.jpg


DSC_1016.jpg



梅は3分咲きくらいでしょうか。


DSC_1037.jpg



お昼は
近くの「たわらや」さんでお食事。


名物の「たわらやうどん」はぶっとい麺が二本。
ゆであがるのに1時間かかるそうです。
(下湯でしてあるので出てくるのは早い)
もちもちしててウマー!
でもふつうのおうどんの方がおいs(ry


帰りの時間もせまってきたので
祇園にもどり
「祇園きなな」でスイーツ(笑)。

祇園きなな


DSC_1039.jpg



隠れ家的お店(笑)で
ロハス(笑)なふいんき(←なぜか変換できない)でした。

DSC_1044.jpg


IMG_2012.jpg


二階からみた景色。


祇園をあとにして
京都駅に向かったんだけど
京都駅のお土産やさんで飲み物買おうとしてたら!!


本物の舞妓さんが目の前にいた!!!


なんか
おっきい荷物もって「おかあはん」みたいな人と一緒にいた!!!!!111
(「おかあはんなんとか~」って言ってたから)

すっごい普通にいてびっくりしました。
たぶん二十歳超えてないくらいの!!!!すっごいかわいかった
すっごいかわいかったすっごいかわいかったの!!!!!!!!!!!
顔ちっちゃくてほんとかわいかった!!
ってか全体的にちっちゃくてかわいかった!!!

素でみとれてしまいました。


今まで舞妓さんみたこと(というかみかけたこと)
は、2回くらいあるんだけど

あんな素な舞妓さんみたのはじめて!!!


IMG_2037.jpg



帰り際、エレベーターのりながら隠し撮りしちゃった。。
めっちゃかわいかった。





こんな感じで
とっても充実した3日間でしたww

泊まった都ホテルも
新館できれいでした。
受験生がいっぱいいたよ^^;



2008年03月02日 | Comments(5) | おでかけ記 ~2009
 | HOME | 

わたし

カテゴリー

日記

コメント

アーカイブ

おともだちリンク&ブクマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。