スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

父の病から5年がたった。


ガンは5年間再発がないと
完治ということになるらしい。


ということは
うちの父も完治したことになる。



やっとホッとできる。涙が出る。

父が病院の検査に行くたび
気持ちが重かった。



父は快活でさっぱりしている。
口は時々よくないけど
友達も多くて
元気な人。



5年前



そんな元気な父が
まさか倒れるなんて
思いもしなかった。




振り返ると嫌なことばかりだった気がする。
わたしも体をこわした。



高校、


新しい環境にも、友達にも馴染めずにいた。

お弁当の時間
クラスの女子全員で
みんなで机を寄せて輪になって食べる。

意味がわからなかった。



だから

昼休み、図書館に一人でいったら

「あー!いた!お昼食べないの?
みんなまっこのこと待ってるんだよ?!」

と、友達が連れ戻しにきた。


みんな本当に待っていた。
それから
女子全員で「いただきます」をした。


申し訳なかったな。。
和を乱してはいけないんだな。
と思いながらも
なんだか気持ち悪いな、、と思った。



それからも周りの話に
ついていけなかった。




病室で

父が
「学校ではどう?」
ときく。


頑張ってるよ!
学校たのしいよ!
わたし、こんなに友達がいるんだよ!


って、

写真をいっぱいみせる。

「この子はねこんな子なんだよ」
「今この子と一番仲いい」
みたいな説明をした。




必死だった。

正直
グループにも馴染めずに
疎外感を感じてはいたものの

本当に
みんなと仲良くしたかったし、
人に認められたかった。
頑張れば認めてもらえるんじゃないかと思った。



だから周りがみえなかった。


私が
文化祭や他の行事で張り切ろうとすればするほど
浮いた。


気がつくと周りにだれもいなかった。


人と話ができなくなった。

声が出なかった。

そのうち学校にも行けなくなって

家に担任から電話があった。
学校に行ってないことを母に知られた。




父の体が痛々しくなってきた。


父に会えなくなっていた。

つぶれそうだった。



父はわたしがお見舞いに行くと
いつも
玄関まで送ってくれた。

点滴ひきずりながら

わたしがふりかえっても
ずっと見送ってくれてた。

辛かった。




母も
わたし以上に参ってた。
父の病気、わたしの不登校、
申し訳なかった。



わたしは
しばらく
いとこのおばさんの所に行っていた。

なんとか学校に行ったものの
早退ばっかりで、

そんないいかげんで
不登校なんて認めない母と
関係もピリピリしていた。

母の元から逃げて
おばさんに助けをもとめてた。





5年前の今頃




わたしの
3人しかいない家族は
ばらばらだった。




これは
忘れたい過去ではある

父にとっても
母にとっても同じだと思う。

でも
嫌なことの中にも
人のやさしさとか
励ましてくれた人の、思いでが



キラキラしている。

鮮やかなんだと思う。




私は
声が一時期
出なかったから
その間
メールをいっぱいしたけど

その時
もらったメールは保存してある。
携帯は物置にあって見直さないけど

見なくても覚えてる。




あの時励ましてくれた人達に
会いたくてたまらない。

もう一度
ありがとうっていいたい。




今 
家族3人一緒にいる。
幸せだ。
コメント
家族ってホントにいいモノだよね!!!!!!!!
ちゃまも母親と折り合いが悪くて殴り合いのケンカしたり、家出したり昔はしてたけど大分今自分自身も落ち着いて回りにも視野を向けられるようになったから、もっと両親を大事にしようって思ったね。

確かにちゃまの高校のトキ学校に馴染めなかったな・・・。
つぅか今もwwwww
あの女の特徴の集団活動・集団移動が出来なかった。
和を乱せば、恐いやら近づきづらいなどレッテルがはられてさっ。
でも、高校のときはまぢこんなコトやってるお前らキモイよっ!?って思ってたけど、さすがにもうこの年になると、そうゆう集団行動しか出来ない人もいるんだぁ!!!
って思えるようになったね。
だから『その人はその人』『自分は自分』にみたいな。
その代わりそんな自分の傍にいてくれる『家族』『数少ない友達』『恋人』を大事にしようと思ったね。
☆chama☆ URL 2006年06月11日 09:41:11 編集
お父上、おめでとうございます。
本当に良かった。

女子校なんですか?
あれですね、馴れ合いって感じですね。
普通に怖い。そういう環境になったら逃げますね、ハイ。
とにかく、一安心ですね。
やまちゃん URL 2006年06月11日 10:54:52 編集
お父さん、お元気でなによりです。あっこちゃんも大変でしたねー。私の父は今66歳です。私も父が大病した時は、びびりました。それまで元気だった人にも、突然そういうことは起こって、それが家族で、ものすごいショックでした。そういうことで、その人の大きさを始めて実感する感じでした。女の子の集団行動は私も苦手です。意味がわかりませんね~。そこに個人の意思、思考は無ですね。私は『風葬の教室』山田詠美著を読んで、自分はおかしくないんだなと安心しました。幸い、私が高校生の時は、そういうカッコ悪いクラスメイトは周りにいなかったので、イライラしなかったけどね。
akari URL 2006年06月11日 13:12:50 編集
ほんとにほんとに辛かったんだね・・
私も1年のときはグループに馴染めなくて疲れてたな。
でもまっこと一緒だったクラスからだんだん楽しくなってきたんだ♬
高校のときは色々話したね。
家族に心配させないように努力しなきゃいけないって頑張っちゃってたときにもっと支えたりできたらよかったなぁ。
まっことの思い出は楽しいことばっかだよ☺
ワールドカップは盛り上がったよね♬
明日の試合たのしみだね!!!
ちか URL 2006年06月11日 21:25:40 編集
まずはお父様の完治、良かったですね。
癌。これだけ日本人に馴染みがあって凶悪な病気は他にないでしょう。
私の家系は癌にかかった者が多く、私もいずれ癌にかかるんではないだろうかという思いは少なからずあります。

今回のソウさんの記事は感慨深く拝見させてもらいました。
家族とは何ぞやと考えさせられました。

最近母の墓参りに行ってないので、
次の休日に早速行ってみたいと思います。
耳山貴一 URL 2006年06月11日 22:56:51 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2006年06月11日 23:18:02 編集
ソウちゃんこんばんは。
お父さま、良くなられてなによりです。
本当によかったね。

そういえば、小学生高学年のとき母が入院して、
一週間近く伯父の家にお世話になったときがありました。
私は全然平気なつもりでいたけれど、ほとんど食事が喉を通らなった。
すぎてみれば子供ながらにすごく心配で、心細かったのかも知れないです。

やはり家族というものは本当に大切なんだなぁと、このソウちゃんの記事で痛感したよ。


そして、私も中高生女子の集団行動には疑問を抱いてたなぁ。
食事の時間を共有するならまだしも、(ソウちゃんのクラスの女子のケースはいきすぎだとおもうけどね)
トイレとかまで集団って…!!
トイレなんて物凄く個人的なことなのにさ…。

“クラスと行動をシンクロさせる”のと“クラスに馴染む”というのは別物よね。
「同調」と「協調」ということばの意味が、似てるようで違うのと同じことで。
なんでもかんでも集団と“同調”すればいいというもんじゃない。


「自分」は「自分」でよいのだと、私はいつも思います。
くじら URL 2006年06月11日 23:43:51 編集
ちゃま

こんにちは!!!

ちゃまも一匹狼的な子だもんね。
女のああゆう感じはあわないよね。

うちの学校(ってかクラス

一人中心人物(男)がいて
みんなそいつがおもしろいこと言うと
大爆笑すんのね。
しいておもしろくもなくて
わたしにとってはただの騒音にすぎなかったんだけど。

それで
そいつ中心で
グループがポリスみたいにかたまってるの。
最低だったなー。


そいつ
同じ出身だったから
成人式も一緒だったんだけど
この前の成人式で
「○○高校あつまれーーーー」
とかいってるのをみて
どんびきしたよ。

まわりのほかの人も「うっせーよ」「うぜえ」
とかいっててさあ

なんていうか
程度低いっていうか
高校の恥さらしっていうか。。
マジまだ高校に執着してんの?プだったよ~。

なかよしごっこも大概にしてほしいですよね。


わたしは
あんなときにでも
親切にしてくれた子を
大事に

おやとも気あわないけど
大事にしてくよ。。。。


ちゃま
短期研修がんばって☆
ソウ URL 2006年06月12日 12:34:54 編集
やまちゃん

こんにちは!!


わたしは高校に期待しすぎてたなあ。。

うちは共学だったんだけど
男子がみんなおとなしかったなあ。。
主導権は女子だったな。。

なんかね
わたしは女の世界はだめそうだ
とおもって共学いったんだけど

ばっさり女子高にしたほうが
かえってよかったかも?
とか思ったりしたなあ。。


馴れ合いだよね。
本音いうと引かれるんだよね。
気つかうし

くらいよー

とかいわれて、
「いや、素なんだけど」って感じだったなあ。
わたしはそーゆうのホントだめだったね。
愛想笑いばっかしてたんだけど

この笑い顔くずしたら
二度と笑えなそうって思ったよ。
いつもにこにこしてて

「川○」かえってくると安心して
なんかよくわからない冷や汗みたいなのがいっぱいでたなあ。。

そのうち笑いもできなくなっていったんですけどね。。


男子校、やまちゃんは頭がいい高校だから
違った意味で大変そうだあ。。
ソウ URL 2006年06月12日 12:43:43 編集
あかりさん

こんにちはです!!!


わたしの父は60になる?かそのへんです。。
わたしは結構
遅くうまれたので
父も年なんですよ~~。。


家族って当たり前すぎて
こんなことがないと
ありがたさって実感できないです。

それまで
わたしは一人で
なんでもやっていけるわ

っておもってたんです
(小さいときって
そーゆう根拠のない自信
もつときありますよね。
あれ?わたしだけかしら。。)


だけど
とつぜんの父の大病で
一人がこわかったです。
家にかえってもだれもいないし
母とわたしだけっていう
のが
本当に心細かったです。

くわえて
高校ではあんなんだったし、、

ひとつ
かけると
どんどんかけてく

その感じがこわかったです。。


そして
はじめて
あれが「うつ」状態だったなって感じます。
いつも
助けてって思ってました。。



うちの学校は
中学のころたぶん先生にかわいがられてたであろう
層の人たちや
比較的まじめな人がいっぱいいたので
早退とか
登校しないとか

どんどん白い目でみられた感じでした。。


「風葬の教室」よみました!!!
あと山田詠美は
「僕は勉強ができない」をよみました!!

あの人の書く本って
人間関係や
人の本質みたいなのが題材が多い気がしました。



おだやかにすごしていきたいです。。ふうう
ソウ URL 2006年06月12日 12:53:27 編集
ちかちゃん!

こんばんはです!
なんかもうごめんねこんなことばっかりで。。。

1年はね、、こんなんばっかりだったんだけど
2年はちかちゃんもえっちゃんもえりこもハスキーも
すごい居心地がよかった。
わたしは8組のみんなが大好きだった!!
先生も好きだった。


ちかちゃんとは
なんといってもサッカー!!!

あのフィーバーはほんとたのしかったよーー!!!!
あの時のこと思い出すと
にこにこしてしまう。
ちかちゃんにいっぱいいろんなこと教えてもらった気がする!!!
ちかちゃんパパのサッカー写真みせてもらったよね☆

あんな興奮したことなかったなー!
チケットとったパパを
本気でうらやましがってしまった。。

「市川」の話に唯一くいついてくれたのは
ちかちゃんだけだったな(笑
だれもしらない。。
ちかちゃんパパの市川の考察も
うれしかった。(おぼえてるかな?


わたしも朝一生懸命
「安貞桓ヘアー」で髪くるくる巻いてた気がする。。
アンジョンって言われたのが懐かしい。。WW


でも時々
わたしのひねくれた根性で
ちかちゃんに迷惑かけてしまった気がする。。
本当にごめんなさい。。

特に
「男子なんてきらい」
っていってしまったこと。。
あの時は男子どころか女子も嫌いとかいいそうになってたんだけど
ちかちゃんがすごい悲しそうな顔してるのに
気がつかないで
いろんなこと言ってしまって。。
それなのに
ちかちゃんが話をすごい聞いてくれた気がする。。
黒板のとなりで。。


ちかちゃんの印象がきれいでお人形さんみたいな子
で、こんなにみんなから愛されてるちかちゃんが
友達関係に悩んでたってすごい驚いた覆えがある。。

わたしなんかに話をしてくれたこと
嬉しかった。。
ちかちゃんといると
わたしも心がきれいになるような
感じだった。
そして安心できたよ。!!

塾も一緒だったこと
あそこでも迷惑かけました。。
が、
ちかちゃんがいて塾ライフが濃いものになりました。
夢に前向きなちかちゃんとすごせたことは
とてもおおきなことだったと思う!!

あれがなければ
人のやさしさとかまるっきりわすれてたなあ。。

ちかちゃんから
やさしさとかおもいやりとか
いっぱい学んだよ。

元気もいっぱいいっぱいもらった!!
ソウ URL 2006年06月12日 16:48:09 編集
耳山さま
こんばんはです!!

うちの父は大腸でした。
そのあと肺にいきました。。

わたしが高校3年のとき
(受験期

肺をわるくしたのですが
(まえたしか向こうの日記で
受験のことだらだらかきましたが

それはガンとかじゃなかったみたいですけど
転移がおそろしく
また
あの生活になるのかな
と思っただけで
ふらふらしました。
父もそうだったみたいです。
わたしも体こわしたし
健康ってすごいことだと
思います。


人間いつ病気になるか
わからないですね。

しかもちょっとのことで
すべてがくずれる。。
こんな恐怖はないです。。

でも
いつかは親とはなれて
一人になるんですよね。。
わたしは生きて行けるのか
不安です。。


耳山さまは
わたしと同じひとりっこで

お母さんを亡くされたんですよね。。
きっとお母様は
喜ぶとおもいます。

わたしも早く親孝行しなきゃと
おもいつつ
すねかじりです。
しかも
ありがたみとかほんと、、、

でも
ひとりになると
普段気が会わない親でも
大事だと思います。。
ソウ URL 2006年06月12日 17:02:23 編集
えりこへ

こんばんは!
えりこのコメント見た時
思わず泣いてしまいました。

なんで!!
わたしは1年の時
えりことの出会いがなかったら
確実に学校はやめてたと思う。。

ニュージーランドに行くことにして
本当によかった。
わたしはあの前日まで
行くことを決めたものの
不安で、どうしようもなかったんだけど
あのホームステイは
語学や文化を学んだんじゃなくて
本当に信頼できる人をみつけた、そんな旅でした。

ニュージーの映画館で
えりこにあったのも運命だったと思う。
今思い出して
あの時から一緒に遊ぶようになったんだよなあ
って思うと
顔がにやけてしまいます。

初めて
えりこに「学校やめたい」みたいな手紙を出してしまったり
愚痴ばっかり
わがままばっかり
今でもだけど
「またこんなこといってるよ」
って飽きられるとわかりつつ
えりこにばっかり愚痴ってしまった。。

あの時えりこがいなかったら
わたしは潰れてた。。


正直、最初は
教室にいるのがいたたまれなくて
1組に入り浸ってたけど

だんだんえりこと話すのが嬉しくて
そのうち1組のたいちゃんやあゆみや友達ができて
嬉しかった。

椅子に半分むりやり入り込んで
背中合わせでお昼たべたり
(今思うとなかなか恥ずかしいスキンシップしてしまいましたが)

楽しかったなあ。
学校帰りプリクラとったりね。
ほんとたのしかった。


あの瞬間は
わたしにとって宝物です。

思いでで楽しかったものには
えりこがいて


大学入って
会えなくなって
えりこが一緒にいてくれた時間は
っていうか
えりこがいてくれることが普通になってて
気がつかなくなったけど
かけがえのないものだったんだなと思います。

わたしは
えりこのお荷物でしかないよ
いつもあとひっついてて
他の友達とも話したかっただろうに
他の友達もえりこと話したかっただろうに
わたしがえりこにつきまとってたから(他のクラスのくせに

いろいろ邪魔してたのかと思うと
もうしわけないよ。。


わたしの高校生活暗黒!
とか最低!とか
「死にたいしかなかった」とか「みんな嫌いだった」とか
今までそれだけだったんだけど

やっとあの時のことを客観的?
にみられるようになったら

「や、それだけじゃないだろう」
って思って。

今まで
苦しくなるから
思い出すのは避けてきたけど
やっと
対峙できるようになってきた。
そしたら
ステキな出会いや思いでが眠ってた。


またわたしと遊んでください!!
わたしなんてえりこの支えなんてなれないけど
いろいろ話したいです。。!!



ソウ URL 2006年06月12日 17:03:19 編集
くじらたんこんばんはです!!


くじらたんも
ひとりっこだよね。


ふだん
わたしは親と気があわない
(特に母親とは意見が
くいちがって衝突ばっかりしている)
から

大嫌いって思うんだけど

いざ
こんなことがあった時
さびしくてしかたがなくなるんだよね。

部屋におとうさんがはいってくると
「なんで入ってくんの?」
ってむすってしてたけど

入院中
父の顔がみたくて
あいたくて
しかたなかったなあ。。

でも
父が痛々しいすがたとかはみられなかった。。
あんなに元気だった父の姿が
かわってくのは辛かったなあ。。


くじらたんも
おさないながらに
心配だったんだね


やっぱり
他のひとでは
父のかわりも
母のかわりにもならないよね。


トイレは

ぞろぞろ邪魔だよね。
わたしは単独でいってたから
そーゆー女子が使わないのに
たむろってるのね。
つかわないんだったら出てけよカス!
って
いっつもおもってたなあ。。

あと
ときどきあの中で
着替えてる奴とか
心から邪魔だったな。
だれもアンタの裸なんかみたくないから出ろ

って思ったなあ。。


でも
「トイレいってくるー」
「あ、あたしも!」

みたいなノリはあるよね。


まあ
なんでもイエスマンなら
楽なんでしょうけど
わたしはそれができなかった。。


でも
あれは社会の縮図だとおもったりもしたよ。。

うちの大学は
そう思うと生きやすいよね。

ソウ URL 2006年06月12日 17:13:53 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

わたし

カテゴリー

日記

コメント

アーカイブ

おともだちリンク&ブクマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。