スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

広島 呉・江田島旅行記(大和ミュージアムとてつのくじら館編)



念願だった

呉・江田島 にいってきました☆☆

今回も写真がいっぱいありますよ。
興味のある方はこちらへ↓


呉 大和ミュージアム・てつのくじら館 おしゃしん



今回お写真はまた父親のD80をかついでいったお。
解像度下げてるけどクリックすると
ちょっと解像度のよい写真になるお!

DSC_0001.jpg




広島自体は三回目になります。
久しぶりの一人旅。!

まあ、
海軍に興味ある人もまわりにいないので
結局一人で行ったわけですがヽ( ´∀`)ノ


新幹線で東京~広島まで4時間(ずっと寝)
広島駅から呉まで30分(快速・安芸路(あきじ)ライナー)
でした。


DSC_0004.jpg



この、
安芸路(あきじ)ライナーが揺れる。
しかものろいwww


近ツーの担当さんに

電車の左側にいると海がみえるよ

と、おしえてもらってたので
左側に立ってました。


そしたら
呉近くなってくると海が!!!!
軍艦(かな?)が!!!
みえてきて、
テンションが高まりました・*:.。. .。.:*・゜゚・*


呉について、
荷物が重いので
泊まるホテル探そうとおもったら


お目当ての

大和ミュージアム
(呉市海事歴史科学館)

と、

てつのくじら館
(海上自衛隊呉史料館 )

が、
駅から徒歩5分とかそのくらいの距離だったので
荷物をコインロッカーに預けて
さっそく観に行きました!!!

DSC_0006.jpg



ミュージアムまでの遊歩道にある旗。
呉の大和を観光資源にしようっていう頑張りを見た気がしますよ
イイヨーイイヨー


まずは
大和ミュージアムからヽ(´∀`)9


DSC_0042.jpg




ミュージアムの券は近ツーでとってもらってたので
スムーズに入場。



お目当ては
10分の1大和です。

DSC_0020.jpg




DSC_0012.jpg



10分の1なのにでかい!
入ってすぐ目の前にありました。



DSC_0013.jpg


DSC_0037.jpg


DSC_0023.jpg



零戦とか
人とかもよく見ると乗ってるんですよ。



DSC_0119.jpg



大和は今海に沈んでるけど
この菊の御紋ははっきりわかるんだよ。


DSC_0018.jpg


バルバス・バウ(Bulbous Bow)


船の造波抵抗を打ち消すために、
喫水線下の船首に設けた球状の突起。
球状船首(きゅうじょうせんしゅ)とも言う。

日本海軍の大和型戦艦が早くから採用していたことで有名である。



展示物は結構少ないのかな?
と思いきや、じっくりみると半日くらいはかかります。



映像資料も多かった。

大和が戦利品になることだけは

避けたかった



という、
元大和乗組員のお話が印象的でした。


人間魚雷「回天」と
回天乗組員の遺書があり、
そこに


 頼ムゾ 宮崎

 俺ハ無念ダ



と、
おっきく書いてあるものがありました。

、、、今、、宮崎は東国原知事が頑張って(ry



この遺書、
保管環境がよかったせいか、
紙が白くて、まるで今書いたかのような感じで
余計に胸にせまってくるものがありました。


いつも思うけど
昔の人の字ってなんでこうも美しいのか。。
ずっとみていたくなる。



あと、
遺書を読み上げた音声もありました。

声の主は塚本太郎さんという方でしたが
出陣に際してレコードに肉声を録音して、
ご遺族が先年に偶然みつけたものだそうです。

これは本当に。
貴重。

最後の、
「元気でいきます」
という言葉を聞いたあと
しばらくその場から離れられませんでした。


そしたら


後から来たオバちゃんが
塚本さんの写真をみて


「あらッ!!イイオトコ!!!!111
イイ顔してるわ~
この人死んじゃったのね~。
イイオトコなのにね~もったいない!ねえ~!
あなたくらいの歳じゃない?イイオトコよねえ!!」

と話しかけてきました。

イイオトコを連発していったお。。
おばちゃん自重

、、、(;´∀`)ゝ”



ほんとにいい男だよ、塚本さんは。

しかし
願わくば、、
おばちゃんには空気をよんでほしかった。

(#^ω^)ピキピキ



DSC_0133.jpg



DSC_0129.jpg




再入場券がついてたので
一旦、出て港(というか桟橋)散策しにいきました。

遠くに「土佐」というふねがいました。


DSC_0051.jpg



DSC_0043.jpg


調査船「しんかい」がおいてあったよ。




で、その後てつのくじら館に行ってみました。


DSC_0059.jpg


DSC_0061.jpg



「あきしお」っていう、ちょっと前まで活躍してた
本物の潜水艦内部がみられます。

まさに陸にあがったくじら///


DSC_0087.jpg





あきしおだよwwwwwww





DSC_0376-1.jpg


DSC_0375.jpg


 何wwwwこれwwwwかわいすぎだろwwwwww

あきしおの次に頑張ってるのが
この「そうりゅう」。
不覚にも萌えた。





資料館は
海上自衛隊(海自)の人達の潜水艦での生活や
海自の仕事などの資料がいっぱいあります。

元海自の方がボランティアの案内してくださったりします。

「わたしも○○年間ふねにのってましたから」
「世界一周はしましたね」
とか
さらっと言ってました。


潜水艦内部では
赤いランプの下で過ごすそうです。

DSC_0363.jpg


気が変にならないのかな。


DSC_0062.jpg


この服装ジパングでみたことあるwwwww



おなか空いたし疲れたしで
ちょっと休憩したかったのですが
周りに
飲食店やコンビニなどなかったので

近くの「ゆめタウン」とかいう
ファミリーデパートまでもどって
地下で、広島風お好み焼きを食べました。


DSC_0105.jpg



見た目はきれい。



で、
また再入場券で
またミュージアムをのぞいて


ホテルに行こうとしたんですが

森沢ホテル、、駅から遠い!!
一番安いホテルで頼んだためなんだろうけど、、。


仕方ないので
バスでいくことになりました。




森沢ホテルの近くには
レンガ通りという商店街?みたいなのがあったので


そこで夕飯を食べました。


DSC_0138.jpg



昔ながらの店構えと
「呉発祥の肉じゃがを食べられる」
ということで

ここのご主人は3代目ですが

先代の方は海軍で料理を作ってたらしく、
当時のレシピで再現された肉じゃがを注文。

あと
看板メニューのカツ丼。

DSC_0134.jpg



肉じゃがはほくほくしてて素朴な感じ。

カツ丼はどんぶりじゃなくてお皿に。

しかもデミグラスソースがかかってて
カツ丼というよりはカツカレー?のような。

カツはやわらかくって
デミグラスソースがマジうまい!!!!!!


また食べたいです///


で、
ホテルにもどって
その日はとても疲れたので
小学生もびっくりの8時に就寝。




(続く)



2008年03月07日 | Comments(2) | おでかけ記 ~2009
コメント
うらやましい…
初めまして、そう様。
呉・江田島の旅行記、楽しく読ませて頂きました。読んでいるだけでまるで出かけた気分になりました・笑。きっと、とても楽しいひとときを過ごせたでしょうね。

実は自分も「ある漫画」がきっかけで海自に興味を持ち、近いうちに呉・江田島に行こうと思っています。その計画をちょこちょこ立ててはいつ頃行こうか考え中です。

この記事を読んで現地に行く時の参考にさせて頂きました、どうもありがとうございます・笑!

りぃ☆りえ URL 2009年01月11日 16:06:03 編集
No title
りぃ☆りえさま
はじめましてこんばんはです!!

コメントしていただきありがとうございます!!
今ちょっと更新してない感じですが
そのうちまた更新が始まるのでよかったらまたのぞいてやってください。。


呉・江田島は去年の春前にいったのですが
生徒が訓練している風景や
貴重な建物がみられてとても感動しました。

このときお目当てのところが改装工事中だったり、
休日限定の戦艦陸奥の主砲が見られなかったので
またいきたいなあ、、って思っております。((今年の春か、、夏ぐらいにいけたらなあ、、

実は、また行く時のために
メモ?みたいな、、自分の記録としてブログ記事にしたところもあります。

こんな日記ですが
りぃ☆りえさんの旅の参考になったようでとてもうれしいです!!
呉はとてもいいところでした。

そう URL 2009年01月11日 23:18:57 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

わたし

カテゴリー

日記

コメント

アーカイブ

おともだちリンク&ブクマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。