スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

台湾2日目 故宮博物院(こきゅうはくぶついん)





台湾・九ふんの旅の続きです




IMG_3490[2]

ホテル周辺の朝の雰囲気です。






ホテルはシティホテル・タイペイ(北城大飯店)ってとこに泊まりました。
安くいきたかったのでDランクのホテルにしたんですが

フロントの方はみんな日本語喋れるし、とても親切でした。
日本のホテルとかわらず、お風呂もおっきいし快適でした。



写真にタクシーが写っていますが
台湾のタクシーは黄色でした。
初乗りが70元なので安いですよね。(この日のレートで200円いかないくらい?)

タクシー乗らなかったんですけどね。。



IMG_3492[2]

IMG_3494[2]

IMG_3497[1]

近くで朝市みたいなのがあって活気がでてきてました。

迷い込んだとこで豚の解体作業を黙々とおこなっていたので
こわかったです、、

ガンガン!!とかなんの音?!?とか思ったら
骨を割る音とか;;;



台湾の人は家であまりご飯をつくらないそうで
基本外食らしいです。
朝から屋台がにぎわってるところが多いです。


朝ちょっとぶらぶらして
ホテルにもどって支度して、またガイドさんともう一組の家族と合流。
(ついでに家族の人たちはグレードの高いホテルに泊まっています)







2日目は


IMG_3505[2]

IMG_3498[1]

IMG_3499[1]




故宮博物院(こきゅうはくぶついん)

にいきました。

お目当ては!白菜と豚の角煮です

10.jpg
14.jpg

(画像は故宮博物院ホームページより)



「翠玉白菜」「肉形石」というらしいです。

これらを生でみたかったので
本物をみたときは感動しました。
「角煮」なんて豚の毛?みたいな細工まであったんですよ。

翡翠で食べ物をつくってしまうなんてなんてユニークなんだろう!
それくらい白菜や豚角煮と人々のつながりはあったってことなのかなあ。
前の日の夕食にも朝ごはんにも豚角煮あったし^^;;



白菜に「玉」の字がついてますが中国で「玉」がつくのって
宝物とかそういう意味じゃなかったっけ、、
(ここは台湾ですが
中国の宝物が展示されています。だから中国人がここをみにくると
怒る人もいるらしい^^;;;)


白菜ってきくと
どうしても俵万智の「うっふんうっふん肩をならべている」
っていう詩が頭に浮かびます。


あの詩で思い描く白菜とはちがって
ずいぶん痩せた白菜ですが
透き通っていて本当にきれいでした。
なんだか神秘的な白菜。




ほかにも50年かけてつくった弁当箱(笑)とか駆け足でいろいろみました。

もっとみたかったですが
とにかくこの博物院は広くて
こんな短時間に見きれません。。



IMG_3509[2]

IMG_3507[1]



外に出たら
なにやら撮影してました。


IMG_3510[2]



知らない外人、、、俳優?



(続く





2009年03月07日 | Comments(0) | 海外旅行記
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

わたし

カテゴリー

日記

コメント

アーカイブ

おともだちリンク&ブクマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。